ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:design.mikadoya.jp

すすむをつくる、カルチャー。

福岡県大牟田市にございます信号電材株式会社さまの50周年記念の歴史をまとめたカルチャーブックのアートディレクション・デザインを担当させていただきました。

企業の歴史本といえば一般的に記念誌・周年誌がイメージされ、会社のこれまでとこれからを綴ったものが多く見られると思います。ですが信号電材さまの記念誌はこれから先の50年をつくっていく社員一人ひとりにスポットを当て、同社の歴史と社員の皆さまのプライド、そしてプライベートを切り取ったカルチャーブックにすることに決定。

コーポレートスローガンでもある『すすむをつくる。』を軸に、会社の、そして皆さまの『すすむをつくる○○。』をテーマに綴られていきます。

まずは東京からTakuramの田川氏をゲストに迎え、工場見学及び代表の東川社長とこれからの日本の信号機の未来について対談。

 

すすむをつくる「一曲」、「ことば」、「場所」、「未来」など、様々なカテゴリで社員の皆さんのとっておきをご紹介。そしてリブランディングに対して社内プロジェクトチームのここに至るまでの過程も追い、社内社外の垣根を越え非常に意義のあるブックとなりました。

福岡を拠点に文化芸術を発信されるクリエイティブプロデューサーM好さん、執筆・企画編集の雄、A野さんという盤石の布陣のおかげで伸び伸びとデザインさせてもらいながらトーン&マナーの規定、マガジン風のデザインの基礎含めご教授。

様々なタッチを楽しみながら、妻もイラストフル回転。

 

昨年より約一年間、大牟田に取材〜撮影に同行すること計8回。カメラマンF庄さんと広い社内・工場内を歩き回り、ロケハンするのがとても楽しかったです。
途中私がコロナやインフルエンザを患いご迷惑おかけしたこともありましたが、スタッフの皆さまのおかげで無事完成することができました。

 

信号電材の皆さまとの懇親会でお聞きした「この本はいつも自分のデスクに並べています」の声が非常に嬉しく、「ブランディングの本質とは何か?」を改めて学ばさせていただきました。

プロジェクトチーム及びスタッフの皆さま、本当にお疲れさまでした!
これからもっともっと精進します。

 

バッファローマンの角。

↑なんて歌詞がありましたが、噛まれてないのに痛む小指。。腫れも引かず。。ムム。。

まぁ放っておけばすぐ治るさ、と自然治癒力派の私は
中学バレー部出身の手慣れた妻に湿布&テーピングを施してもらいながら、
「折れてたらもっと痛いんやろね〜」と二人で話しておりました。

 

が。

3週間前から折れていたことが判明・・・(折れとったんかい!泣)

 

「はは...これ痛くなかったの...? なぜもっと早く来なかったの」と先生にちょっぴり苦言をいただくほど経過がマズいらしく、即手術の運びへ。

 

・・・ということは夏祭りの時も、海水浴の時も、息子と走り回っているときもずっと折れてたのか私の小指。。(浴衣着て調子乗ってた頃が懐かしい。。)

人間の脳というものは痛みよりも楽しさを優先させることを改めて実感。

 

 

ということで、人生初の手術台に。。
器具のカチャカチャ音やドリルの音に怯えながら、
「今カーテンの向こうでドクターボンベがバッファローマンの角を移植してくれているんだ」
と言い聞かせること、20分。

無事に手術は終了。ロングホーンの代わりにピンを3本入れてもらいました。

 

先生や看護士さんたちに「一日何回こういう手術を行っているんですか?」と訊ねたところ、「だいたい8〜10回ですかね〜笑」と笑顔で答える姿が本当に女神に見えました。
思わず「いつもありがとうございます」と言って手術室を後に。

 

先生曰く、
「取り越し苦労でもいいから何かおかしいなぁと思ったらすぐ診せに来てください」とのことです。
皆さまもくれぐれもお気を付けくださいませ。

 

 

【 今日の1本 】 
X 〜Blue Blood Tour  爆発寸前GIG〜(1989年59分/日本)

『爆発寸前』とはよく言ったもので、やはりデビュー前のこのライブが一番好きです。(もう爆発してるんですけどね)
なんといってもこのライブの『Stab Me In The Back』。「BPM200」という恐ろしすぎるテンポの、X史上最速の曲。※1分間にドラムを800発叩いているそうで、HIDEはこの曲を「YOSHIKI殺し」と命名
しばらくギターも弾けない私は、PATAの小指を凝視する毎日でございます。

 

お味噌工場の、見学。

北原白秋のふるさとでもある柳川で150年、今も変わらず味噌造りをされている鶴味噌さまの工場見学に行ってまいりました。

日本人の食卓に欠かせないお味噌。

最近は手作りされる方も増えてきているようで、味もさることながら秘められた効能にも注目が集まり、今は海外でも多くの需要があるのだとか。

たんぱく質の他、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル等。必須アミノ酸が10種類以上も含まれている発酵食品。

お味噌がどのように作られているのかざっくりとは知っていたのですが、実際に製造工程を拝見しますと迫力があります。

原料になる大量の米や大豆。蒸気を身にまとった巨大な釜の数々。

製造工程から漂う優しい香りは、マスク越しでも感じることができました。

 

 

永い年月をかけ大切に守り続けられている、味噌造りの精神と技術。

継承していくことは決して簡単ではありません。

時代が変われば変わらずにはいられないことだってあります。継続すべきことと更新すべきことを見極める力が必要。

 

登録有形文化財でもある明治時代に建てられた赤煉瓦倉庫。目の前には川が流れており、この環境のおかげで物資の水運が効率良く稼働したとのこと。

柳川の代表的な風景を拝めると思っておらず、目にしたときは驚きました。

「菌に働いてもらっているんです。私たちは菌が働きやすい環境を作っているだけなんです。」

何気に仰った言葉がとても印象的でした。

偉大で神々しい自然のチカラを学ぶことができた一日。

 

豊かな時間をありがとうございました。

 

すすむをつくる。

日本・海外のインフラを支え続けて50年。福岡県大牟田市にございます信号電材株式会社さまのリブランディングに伴うクリエイティブを担当させていただきました。

信号電材さまは日本国内の信号機製造のトップシェアを誇る会社。日本全国の約3本に1本は同社が製造開発されたものです。(信号機をいくつか見上げてください。結構な割合でSDと記してあると思います)

 

経営トップ、各部門からプロジェクトチームを選定、一般社員も参加しての「企業スローガン」を抽出するため、幾度となくワークショップを重ね紡ぎ出された言葉は『すすむをつくる。』。

ブランディングカンパニー・CROMAGNONさんのここに至るまでの数年に及ぶ歳月と、180ページを超える企画提案書を見せていただき、身の引き締まる思いで取り組ませていただきました。

 

CIに関しましては既存のロゴマークに対し、リファインレベルに応じて数段階のデザインを検証。

既存のロゴの世界観は崩さないことを念頭に、より時代性・汎用性のあるものにリファイン。

 


西日(にしび)など太陽による信号機の視認性の悪さを解決した「西日対策信号灯器」をはじめ、信号灯機の光源が電球からLEDに移行するタイミングで警視庁に採用された「LED式車両用信号灯機」、元々錆びやすい鉄製の信号を、軽くて痛みにくい「アルミダイカスト製導入」など、これら全ての開発は信号電材さま。
私たちが一日一回は見ている信号機には同社の弛まぬ努力が詰まっているのです。

そして、驚いたのが補助信号。矢印の角度は一見90度に見えるのですが、実は100度ということをご存じでしたか?(私は知りませんでした)

人間の目にストレスなく見える角度、このΦ250を検証し導き出されたされたのも信号電材さま。
「誰にでも見やすい安心安全」を創り出す、同社の象徴ともいえるこの数値をCIにも取り入れ、ロゴタイプは100度の斜体に。また「すすむ」をイメージさせる3つの三角と信号3灯を表す円の組み合わせで「安全をつくり、安心な社会を実現する未来へ向かう姿勢」を表しました。

「D」は「TRIGRAM-D(トライグラムD)」と呼び、全て正四三角形・正円で構成。

 

「私たちのすすむをつくる。」を共有するインナー向けのブランドブックと50周年記念式典に合わせて提案したオリジナル法被。

私は正直、このお仕事に携わらせていただくまで、信号機自体を意識したことがありませんでした。

それほど我々の日常に、当たり前に存在する信号機。
『安心安全』をモットーに、毎日毎日、正確に私たちの生命を守ってくれています。


そこには福岡の偉大なる挑戦者たちの絶え間ない研究と検証、努力の成果が込められていました。

 

いつもの、風景。

気持ちの良い、朝。

時折スーッと秋風が感じられるようになってまいりました。

 

気が付けば蝉の大合唱も落ち着きはじめ、あぁ夏も終わっていくのかぁ・・・と時間の流れを感じるも沈静化される気配の無い紛争を思いますと、同じ時間軸で生きているのに・・・切なすぎます。

『時間』ではなく『人間』が責任を持って解決しなければなりません。

 

時を止めることができるとしたら、わたしは何をするだろうか?

無意味な考えかもしれませんが、そんなところにヒントが潜んでいるのかもしれません。

 

戻ることも止めることもできない、時間。

 

いや・・・?

 

すでに、秒針を操る者がいるのかもしれない。

それに、気づいていないだけなのか。

 

何だか怖くなってまいりましたが、平穏な日常が送れますよう

今週も皆さま、宜しくお願いいたします。

 

妻の精神。

こんなに天気の良い日は野間大池公園でくつろぎます。

妻と息子は二人して砂遊び・・・

いや、絵を描いている・・・

違うな、ダンゴ虫探し・・・

 

 

・・・正解は草むしり。

(あの・・・君たちさぁ、こんだけ広いんだからボールとかで遊ぼうよ。。)

 

『来た時よりも美しく』の妻の精神は確実に息子に受け継がれているようです。
(オモチャもちゃんと片付けようね泣)

 

 

【 今日の1本 】 
親切なクムジャさん2005年/114分/韓国)

クムジャさん顔負けの、誰にでも親切な妻。
驚くことに、そんな妻でも45年の人生でキレて思いきり顔面を殴ったことが2回あるそうで。
その2回とも私だそうで。。泣

 

嵐を呼ぶ男。

「オ・イ・ラぁわぁドぉラマぁ〜」「ヤぁクぅザなドぉるラマぁあ〜〜〜」

肩で風切り闊歩するはこのお方。

私の父(ジイジともいう)がレクチャーした『嵐を呼ぶ男』をマスターした息子は、今朝も巻き舌で歌いながら保育園に向かいます。またややこしい歌を孫にまで伝授しよって....。

「このヤロー!」「かかってこい!」「あれあれノビちゃったぁ〜!」と曲中のセリフまで暗記した息子。その姿を見て手を叩いて喜ぶ爺さん。(おい!)

私が小さい頃は『無法松の一生』を覚えさせられ、度胸千両を熱唱しながら保育園まで通いました。ええ、今も昔も家永家の男たちへのジジイの教育は何ら変わりません。

散歩しているお婆ちゃんたちに「ボクは古い歌知ってるねぇ笑」と感心されたり、すれ違い際に「えっ?」と二度見されたり・・・なんだかんだこの曲が地域のコミュニケーションに一役買っているのは間違いなさそうです。

ジイさんと、「次は『錆びたナイフ』やな!」「うん!」と電話しているところを見ると息子もまんざらでは無さそうで。。(まぁ、要は家永家の調子乗りの気質はそのまま受け継いでいるということで泣)

世の中を広い視野で見る人間になってくれたまえ。 よっ、城南区裕次郎!!

 

 

【 今日の1本 】 
お早よう(1959年94分/日本)

小津さんの映画のような人生を送れたらこれいかに幸せなことか。