ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:www.mikadoya.jp

フードスタイル福岡2018。

11/7(水)・8(木)福岡マリンメッセで開催されました「フードスタイル2018」に行って参りました。

f:id:iengmwk:20181108165549j:plain

九州各地から集まった勢いのある加工食品たち。

f:id:iengmwk:20181108165547j:plain

会場内は生産者たちの熱気に包まれ、PR合戦の幕が切って落とされております。

f:id:iengmwk:20181108165552j:plain

逸品求めてバイヤーさんも必死。

そりゃそうです、まだ見ぬお宝が眠っているかもしれませんから。

f:id:iengmwk:20181108165544j:plain

真新しい商品は珍しさも手伝ってPRしやすいですが、ベーシックな商品は他との差別化をいかに訴求できるかが勝負。。。皆さん、しのぎを削っておられました。

f:id:iengmwk:20181108165538j:plain

「食べてみないと分からない」と言わんばかりに、場内は試食の嵐。

確かにどれもこれも間違いなく美味しいモノばかりでした。

 

 

試食街道をくぐり抜け、

デザインを担当させて頂いた(株)ネオバンジー様の「レイチェルスロー」ブースに到着。

f:id:iengmwk:20181108165555j:plain

主力商品の人参ドレッシングをはじめ、ピクルスとドライフルーツも参戦。

f:id:iengmwk:20181108165539j:plain

宗像の新鮮青果で繰り広げられる商品ラインナップは見ているだけでも楽しく、今回なんとなんと、某百貨店数社、世界的セレクトショップ、巨大ECサイトからもお声がかかり販路拡大の切符を手に入れられました。キラキラとお話されるオーナーさんたちの笑顔が私共にとって最高のご褒美です。

f:id:iengmwk:20181108165541j:plain

厚化粧を施すのではなく「寄り添うデザイン」でクライアントの手塩に掛けた大切な商品を応援していくこと、それがミカドヤのコンセプト。

 

 今後の展開が楽しみであります。

 

 

 

次なるリング。

プロ格闘家ダルビッシュ黒木氏が晴れて独立。ブランディングを担当させていただきました。


RIZIN出場や中国の格闘技トーナメントに日本代表として選抜された彼の、次に上がるリングは青果専門の配送業。BtoBを主軸として、様々な飲食店さんに目利きで競り落とした青果や農家さんから直接仕入れた稀少野菜の卸売りを行います。


彼の実績・人柄から、どうみても将来はキックボクシングジムを開業するだろうと思っていたので、驚きと同時に、コヤツに野菜を品定めするそんな繊細な心があったのかと思うとゾッとします。

 

 

黒木の黒をじっくり観察すると、農作物に不可欠な「田」「土」そして4つの種に見立てた「点」があることに着目、シンボルマークを制作。

f:id:iengmwk:20181019093025j:plain

 

 

f:id:iengmwk:20181019093310j:plain

 

 彼の黒木は「くろ(ぎ)」と読むのですが、常に「くろき」で覚えられてしまいます。今まで試合のガウンなど「木」に濁点をつけるなどして視覚的に工夫しておったようですが、この問題には素直に平仮名にすることによりコミュニケーションスピードを上げることを提案。

 

 

彼の座右の銘『可能性は無限大』も踏まえ、永遠につながる汎用性のあるパターンを意識しつつ、

f:id:iengmwk:20180929085428j:plain

名刺、リーフレット
ユニフォームなどアートディレクションさせていただきました。

f:id:iengmwk:20180928125906j:plainf:id:iengmwk:20180928095843j:plainf:id:iengmwk:20181009130606j:plainf:id:iengmwk:20181009130557j:plainf:id:iengmwk:20180928095856j:plainf:id:iengmwk:20180928095852j:plainf:id:iengmwk:20180928095850j:plainf:id:iengmwk:20180928095847j:plain 

プロである以上、もちろんどのスポーツも過酷だと思いますが、

私が一番尊敬するアスリートは“ボクサー”です。

古代ローマ時代から続く、殴りあって勝敗を決める野生本能むき出しの非常にシンプルなスポーツ。

そのシンプルさ故のあの過酷な環境の中、頭角を現し、結果を残せる人は一握り。

本当にスゴイと思います。

そんな人並み外れた彼の根性とフットワークがあれば、

ベクトルがどこに向いても飄々とクリアし、いかなる困難もかわしていくのでしょう。

(ウチが「そういう資格とってみたら?」とアドバイスしたら、試合と両立させながら

ソッコーで野菜ソムリエの資格をとってきやがったです。スゴイ!)

 

ミカドヤとしても、これからの彼を応援していくつもりです。

 

まるっと唐津。

佐賀県唐津市のガイド本『まるっと唐津』の表紙イラストを担当させていただきました。

f:id:iengmwk:20181012114202j:plainf:id:iengmwk:20181012114207j:plain

唐津と言えば、世界的に有名なダイバーのジャック・マイヨールが愛した海、抹茶茶碗の「一楽・二萩・三唐津」、毎年11月2、3、4日に開催される「唐津くんち」、そしてこっそり私の出身地。。。

 

実家の近くにある焼肉屋さん↓。

f:id:iengmwk:20181012114209j:plain

この一冊で、唐津の「美味い、楽しい、面白い」がまる分かりです。

 

 

 

福岡県内および近県の書店、もしくはコンビニでも購入可能ですので、もし足を運ぶことがありましたら手にとっていただければ幸いです。(本日12日より発売開始)

f:id:iengmwk:20181012114204j:plain

コンビニでついで買い・・・。

 

糸島の農園さん。


クライアントのK木氏と糸島の農園さんに取材〜撮影。



旬野菜もほぼ出荷済みでシーズンも終わっておりましたが、
農家の現状含め貴重なお話を聞かせていただき、しかもその場でお仕事につなげることができました。(やるなK木!)

しかしなんでしょう。

土や緑に囲まれるといつの間にかスーッと癒やされていることに気づかされます。

糸島志摩の沿岸部で大切に育てられた野菜たちはどれも美しく、神々しくもあり、

普段パソコンとにらめっこしている私にはとても目の保養になりました。



ひとまず家に戻り、お疲れさん会。

今後の展開、将来の夢。

ギラつくK木をよそに、Rちゃんから離れないこの方でございます。(さすが見る目ある!)



そろそろツールも制作完了。

さぁ、彼も本格始動間近ですぞ。

お客さまに記念の1本を。

中央区今泉にあります『季離宮』内のお店、ステーキラウンジ煉さまの
オリジナルワインのデザインをさせていただきました。



フランス原産、ボルドーの東エリアに位置するベルジュラック地区で栽培されたビオワイン。
化学薬品や肥料、抗生物質の使用に厳しい制限をクリアし、EU欧州委員会による認証を受けております。


私どもは通常1〜5案ほどデザインやネーミングをご提案させていただくのですが、
今回は提出した3案全て気に入っていただき、社長とディスカッションを重ねながら
それぞれのコンセプトとデザインをひとつにしたラベルが完成しました。

フランス語で結び目という意味の「Nœud【ヌー】」のスペルでつないだ蝶のデザインに、
カンナ科の植物『CANNA【カナ】(日本語ではカンナ)』のネーミングの組み合わせです。

ご依頼は店舗の記念ワインということでしたが、
これにより、母体となる株式会社カンナ全事業のコミュニケーションツールとしても利用可能。
メディア出演も数多ある社長ならではの幅の利くワインに仕立て上げた「名刺代わりの1本」。
そして、カナの花言葉はまさしく「情熱、快活、未来、永遠」。これには社長も思わずニヤリ(笑)



フランスらしさを感じさせる書体「Cochin(コシャン)」をベースに、

金の箔押しは赤ワイン、

銀は白ワインとなっております。



裏ラベルにはコンセプトのコピーが入り、
読みながら味わっていただければより一層CANNAの世界が楽しめることと思います。

皆さま、記念日にはステーキラウンジ煉で大切な時間を過ごされてみてはいかがでしょうか?
(※CANNAは限定1000本となっております。)

西鉄国際ビジネスカレッジ、学校案内。

西鉄国際ビジネスカレッジさまの学校案内を制作させていただきました。


全66ページ。
恥ずかしながら私、今まで50ページ以上のページ物を一人で作ったことがなく、
最初は一人で大丈夫だろうか、友達に手伝ってもらおうかと不安でしたが、
I橋さんK松さんはじめ皆さんのスムーズな進行のおかげで無事に納品することができました。

将来も明るい魅力的な専門職6学科、プロフェッショナルを目指す方に
是非とも一度ご検討いただきたい学校でございます。


オープンキャンパスも真っ最中となっておりますので、
学生の皆さまの参考になれば幸いです。

壱岐焼酎『夜空のむこう』〜Wishing On A Star〜。

長崎県壱岐島にある壱岐の蔵酒造株式会社さまの新商品、
『夜空のむこう』のリブランディングをさせていただきました。

元々は8年前より別の蔵元さんから発売されておりましたが、
リニューアルのタイミングで壱岐の蔵酒造にて新しく醸造
壱岐焼酎特有のスッキリとした麦とまろやかな米に加え、
フランスから取り寄せたボルドー格付けワイン樽で長期熟成したことにより
ワインの香りと風味がアクセントになっております。


実はこのラベル、

リニューアルの仕掛けとして蓄光印刷を施しました。

ムードある暗い場所などでは夜空に星座たちが浮き出し、
雰囲気を盛り上げてくれることでしょう。




また、WTOの産地指定を受け、
名実ともに世界の銘酒入りを果たした壱岐焼酎ということで、オリジナルのマークも制作。

壱岐焼酎の大麦と米、自然豊かな壱岐の大地と海を組み合わせ、それら全てを結ぶ水引きのようなデザイン。
中央の星は一流の証でもある「三ツ星」の意味合いと、壱岐焼酎の3つの条件を表しております。

壱岐焼酎3つの条件】 1.原料は大麦2/3、米1/3で醸造  2.島内の水で仕込む  3.島内での蒸留・容器詰めを原則とする




先日開催された大丸東京でのイベントはおかげさまで全品完売。
幸先良いスタートに私どもも嬉しい限りです。



夜空のむこうに、星ひとつ。
そっと願いを込めて見上げれば、優しい光が包み込む。
あなたの願いが届きますように。
あなたのグラスに星が降りますように。
夜空のむこうには、星がある。



店頭でお見かけの際、是非とも手にとっていただければ幸いです。