ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:www.mikadoya.jp

レイチェルの美味しい仲間。

レイチェルシリーズから、美味しい仲間が登場しました。

f:id:iengmwk:20181010123948j:plain

人参・大豆・キュウリのピクルス、そしてドライトマト食べるラー油

 

ピクルスにはそれぞれに相方がおりまして、

f:id:iengmwk:20181010123946j:plain

キュウリには「昆布」、人参には「レーズン」、大豆には「キクラゲ」。

なんとも美味しく愉快な仕上がりになっています。

食べ比べするのも楽しいですよ。

 

 

そして、コチラ↓は「ドライトマトのラー油」。

f:id:iengmwk:20181010123951j:plain

ほどよい辛さで、トマトの風味が濃厚。

パスタ・ソテーした肉や魚、チャーハン、野菜炒め、麻婆豆腐などなど・・・

調味料としても薬味としても一つあると便利な商品。

 

ベーコンとニンニクでペペロンチーノを作ってみましたが、

簡単&時短&美味いの三拍子。

 

 

皆さんの食卓でも、ぜひお試しくださいませ。

レイチェルシリーズはコチラでチェック)

野菜の宅急便。

どでーんと届いた、野菜とフルーツの詰め合わせ。

f:id:iengmwk:20180928144657j:plain

Mさんからの、美味しいお裾分けであります。

 

 

食欲の秋とはよく言ったもんでして、旬の味覚を味わない手はございません。

f:id:iengmwk:20180928144654j:plain

腹八分をたまには棚に上げといて、、、

喰った喰ったぁと、狸腹を撫で撫でするのでした。

 

 

 

THE鉄玉子。

ここ最近、栄養バランスを気にするようになりまして
あれこれサプリなんざに手を出しておりますが、
もっと自然体に摂取できればなぁと思い、あれこれ考えるわけです。


そこで登場「ザ・鉄玉子」。


南部鉄器でつくられた、鉄分補給用の鉄の塊。

南部鉄器の急須を持ってはいるのですが、最近のは錆びないようにコーティングされているため
鉄分の摂取は難しく、色々探したどり着いたのがこの玉子。



不足しがちな鉄分ゲットであります。

海のうまいネバネバ『馬島あかもく』。

近所のスーパーで発見。

北九州の馬島産の『あかもく』。


馬島ではのんびり暮らす猫たちも沢山いて、ちょっとした観光スポットでもあります。
その愛らしい猫をモチーフにデザインさせていただいたのは、かれこれ2年前の話し。

見よ、この粘り、粘った者勝ち。

まさか近所でこの招き猫が見られるとは、いやはや嬉しいものです。




次回は、やまいも・納豆・オクラを総動員させて
最強ネバネバ丼を作ってみようと思っております。


残暑も引き続き、栄養たっぷりのご飯を食べてまいりましょう。


今週も、皆さまよろしくお願いいたします。

昔ながらの、日本食。

切り干し大根、ひじき、干し椎茸。

生まれてこの方、初めて切り干し大根を調理してみました。


考えてみれば、切り干し大根は実家の食卓には登場したことがなく
あんなに田舎育ちなのに、なぜ母のレパートリーになかったのかが不思議なくらい。


切り干し大根はカルシウムを豊富に含むらしく、
椎茸のビタミンDを合わせれば吸収率がアップとな。

大根とカルシウムがどうも結びつかない私でありますが、
待ってましたとばかりに手製の干し椎茸が大活躍であります。

辣椒、辛い辛い。

真っ赤っか。

Mさんからの台湾土産は、蓋を開けた瞬間に激辛臭が漂います。


辛いの大好きなご主人でさえ、ちょびっとずつで十分。

この激辛を、台湾の方は日常使いにしているのか・・・。
恐るべし食文化、恐るべし唐辛子の威力。


興味のアル方は、お裾分けいたします(近所限定)。

こりゃ、アイスでしょう。

2年前の雑誌を引っ張り出してページをめくっておりますと、
甘酒で作るジェラートのレシピを発見。

当時は、甘酒なんて「ひな祭り」ぐらいしか思っておりませんでしたので、
完璧にスルーしておったのですが、2018年の私は違います。


40歳の健康ブーム到来。


甘酒(濃縮)・バナナ・豆乳・ココナッツオイル・ココアパウダー、以上。



砂糖不使用で、この美味さ。



バナナとココアの代わりに、パイナップルやベリー系の果実でも作れるようでして、
やっぱり料理研究家は凄いなぁと、改めて思ったのであります。