ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:www.mikadoya.jp

ハーバリストの自家製ハーブソルト、PATHARAN。

14種類のハーブを使った調味塩、『PATHARAN【パサラン】』の商品開発に伴い
アートディレクション、デザイン・イラストを担当させていただきました。


ハーブコーディネーター、イタリアAISO認定のオリーブオイルソムリエでもあるオーナーが
自ら吟味したリーフ状のハーブをひとつひとつ粉砕して作る自家製ハーブソルトは
無添加で(化学調味料、香料は一切使用しておりません)、ご年配の方やお子様にも安心して召し上がれる食品です。
とにかく、開封時のハーブの香りがたまりません。
今回、制作にあたる前に契約農家さんのハーブ苗を育てる土づくりから取材させていただき、
「モノづくりの原点」を間近で学び、感じとることができました。




□商品ロゴタイプ・シンボルマーク



ロゴタイプはモンセンの約1,400の清刷書体から140書体ほど選定〜出力。

出力したひとつひとつと今回のイメージを照らし合わせながら、140→50→20→最終候補と絞り込み、ご提案。
オーナーと一緒に決定した「Orpheus Roman (1926年)」をベースに再度調整。
書体選びはかなり根気と集中力が必要ですが、迷った時は商品のコンセプトに立ち返れば、おのずと答えを書体が導いてくれます。
毎回不思議に思うことなんですが、結論、いい書体は生きています。





商品の顔となるシンボルマークに関しては、様々な角度から検討した結果、トレイを手にお手伝いをしている女の子に決定。
イラスト担当の妻と、様々な資料をもとに細部のタッチまで何度も意見をぶつけ合いました。

食卓に料理を運んだり、食器を片付けたり。
きっと彼女が大きくなって、誰かのために料理をするその時に、この味が受け継がれていく・・・
そんなメッセージを込めて描いています。










□サンプル商品説明ツール関係








□イベントブース用A1ポスター




本商品は、2月5日・6日・7日の3日間、東京ビッグサイトにて初お披露目。

(ガンバレ〜PATHARAN!!)






最後に、
営業のK田さま・S見さま、
ネーミング&コピーライティングを担当していただいたO椛さま、
銀塩カメラ片手にステキなビジュアルを切り取ってくださったF庄さま。
ラベル貼り・梱包作業をしていただいた「あかり作業所」の皆さん、
英文翻訳を快く引き受けてくれたYちゃん、ポール先生、
そして限られたスケジュールでいろいろと奔走していただいた印刷会社さま
本当にお世話になりました。
皆さまのご協力のおかげで、オーナーに気に入って頂けるパッケージが完成いたしました。
「パサランちゃん。パサランちゃん。」とイラストの女の子を可愛がってくださっています。




リリース情報は、コチラでも引き続きアップしていきます。

皆さま、『PATHARAN【パサラン】』を見かけられましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。