ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:www.mikadoya.jp

「とり祥」HPリニューアル

博多の地で60年以上愛され続ける鶏肉専門店『はかた天神とり祥』さま。
この度、鹿児島の地鶏『黒さつま鶏』の取り扱いを機に、とり祥オリジナルのブランド構築のお手伝いをさせて頂きました。

f:id:iengmwk:20190522100541j:plain
f:id:iengmwk:20190522100539j:plain
一羽一羽、丁寧に手捌きされる若鶏。今ではこの福岡の地でも、手捌きをするお店は片手で数えるほどに減少。稀少な職人の技も消えつつあるのが現状です。

お手頃価格で買える「若鶏」、その若鶏の水準をアップした「銘柄鶏」、その銘柄鶏よりもきっちりした定義のもとで育てられた「地鶏」。「地鶏→銘柄鶏→若鶏」とランク付けされる風潮がありますが、では若鶏が銘柄鶏に負けるかといいますと、一概にそうは言えないのです。きちんとした環境で飼育され、新鮮なうちに丁寧に捌かれた若鶏は、銘柄鶏や地鶏に負けない美味しさをもつお肉。
まさしく「とり祥」さんが提供し続けているお肉がそれなのです。

 

そこで「とり祥ストアブランド」をご提案。
その名も、銘柄鶏に負けない『三つ丸印』。f:id:iengmwk:20190522094608j:plain現・三代目社長への代替わりを機にご提案したロゴマークをベースに考案。

一、丸ごと(もしくは骨付きから)その都度さばく
二、美しく丁寧な処理
三、受け継がれる伝統の手捌き
四、ハリがあり臭みの無い仕上げ

この基準を満たしたお肉だけが「三つ丸印」として販売されています。

 

飲食店様にも訴求できるよう会社案内も制作し、ホームページもリニューアル。

f:id:iengmwk:20190522094713j:plainf:id:iengmwk:20190522094715j:plainf:id:iengmwk:20190522094710j:plain

 

f:id:iengmwk:20190521104318j:plain

 

f:id:iengmwk:20190521104440j:plain

f:id:iengmwk:20190521104442j:plain

現状を分析して導き出したストアブランドの立ち上げは、永年培った「強み」を整理整頓することで再構築できました。
お客様の新しい歴史の1ページに参加させて頂けることの喜び。
これからも、ミカドヤはお客様に寄り添ってお仕事をして参りたいと思います。