ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:www.mikadoya.jp

経理部を敬おう。

東京の広告プロダクションを辞めてもう十数年経つのですが、
今でも毎年贈っていただく経理Y本さんからのバースデーカード。
ただでさえ経理のお仕事でてんてこ舞いなはずなのに、この時期になると東京から達筆な
「おめでとう」をいただきます。

f:id:iengmwk:20190222124029j:plain
いただくたびに、ありがたいやら恐縮するやら昔を思い出すやら。。
今も変わらず優しいY本さんの言葉に毎年ほっこりするのでございます。

 

4月から社会人になる若人の皆さん。
入社したら社長や上司よりも、率先して経理や総務のお姉さん方に挨拶してください。
可愛がられてください。仲良くなってください。
会社で徐々に自分の仕事を任されるにつれ、必ず領収書から支払い、その他保険や必要書類など、
聞き慣れない業務がついてくることがあります。数字に疎いと余計ついていけなくなります。
そんなとき、経理の方はアナタの味方になってくれるかもしれません。運が良ければ優先的に業務を遂行してくださるかもしれません。
その変わりグチも沢山聞いてください。仕事を手伝えなければ重い書類など持ってあげましょう。

 

経理畑にずっといた妻が言っておりました。
営業や制作は「取れてよかったね!」「売り上げ上がったね」と讃えられることがあっても、事務方や経理は、「数字が合ったね!素晴らしいね!」と褒められることはまずないそうです。
『合って当たり前』の世界だからだそうです。


日頃スポットが当たることは少ないのかもしれませんが、
会社の屋台骨を支える『縁の下の力持ち』経理・総務の皆さんに敬意を表して、、、

皆さま、今週もお疲れさまでしたっ!

 

気がつけば。

クリスマスケーキもおせち料理もなかった年末年始。

かろうじて節分の豆まきと恵方巻きは食べたものの、季節を感じることができない生活を送っている私に「ほら」とご主人が見せてくれたこの一枚↓。 

f:id:iengmwk:20190212142648j:plain
 

ほほう、世間では梅が咲いている時期なのですね。

着実に春の足音が聞こえはじめているようで、ポカポカ陽気が楽しみであります。

f:id:iengmwk:20190209165848j:plain

春うらら。

のんびり散歩が出来る日を楽しみに、体力温存中であります。

 

43歳と8歳。

カカオの甘い香りに包まれる本日2月14日は、ご主人と愛犬ねぎの誕生日。
町内を隅々ウロウロ(散歩)するものですから、あちらこちらで顔見知りが増え
「今日はあの人に会って、こんなことがあった。」など、道中で繰り広げられた
小話を聞くのは毎日楽しいものです。

f:id:iengmwk:20190214100638j:plain

仲良く散歩へ出かけたかと思えば、たまに喧嘩もしたり(事情聴取するとほぼご主人がちょっかいを出してねぎ(犬)を怒らせているのですが)。
私の日常に笑いや安らぎを与えてくれている、ナイスコンビ。

 

 ニューフェイスも加わったチームミカドヤ。新境地を開拓していく一年になりそうです。 f:id:iengmwk:20190214100636j:plain

Happybirthday♪

 

佐賀の優しい飴。

皆さま「あめがた」をご存じですか?

「あぁ、あの白いやつね」と佐賀版ミルキー(勝手に命名)を懐かしく思う方もいらっしゃるかと。

f:id:iengmwk:20190209162259j:plain
そうです、なにを隠そうこの飴、ただの昔懐かし飴ではございません。
産前産後の栄養補給として昔から愛用され、母乳が出やすくなるんだとか。
産後見舞いに「あめがた」を贈る風習は現代も引き継がれております。

 

ただものではない、レトロなパッケージに漂う風格。

f:id:iengmwk:20190209161914j:plain

もち米を原料に水飴(麦芽と水)で練り上げられた「あめがた」は砂糖不使用。
優しくカラダに良い甘さは、砂糖がわりに料理にも使えます。

 

後世に残したい、職人技が光る逸品に決定。

 

蚊の鳴くメタリカ。

今日で息子が産まれてちょうど1ヵ月が経ちました。初めてのことばかりで混乱する毎日ですが、
助産師さんや仲間たちのアドバイスのおかげですくすくと育っております。

f:id:iengmwk:20190208131723j:plain

体重も4,900gを超え、これからどこまで大きくなるのか楽しみであります。
(妻は早くも腱鞘炎ぎみ)

 

そんな疲弊した妻を仮眠させ、

f:id:iengmwk:20190208131721j:plain

この方と2人で静かに子守り。

 

蚊の鳴くような音量で演奏するメタリカ

f:id:iengmwk:20190208131725j:plain

これはこれで、なかなかオツなものです。(ジェイソーン!!!!!←小声で)

 

レイチェルピクルス&ドライ。

レイチェルシリーズのドライ(みかん・トマト)とピクルス(トマト・レンコン)を頂きました。

f:id:iengmwk:20181211163433j:plain

とっぷりとした肉厚なトマトと、しゃきしゃき歯ごたえがクセになるレンコン。

f:id:iengmwk:20181211163430j:plain

レイチェルのピクルスは、それぞれの素材に合わせたピクルス液で作られています。

ちょっとしたこだわりが、食べ飽きない美味しさを実現。

f:id:iengmwk:20181211163424j:plain

こちらはドライトマト↓。

f:id:iengmwk:20181211163427j:plain

一見、唐辛子?!と間違いそうなくらいの真っ赤。

パスタはもちろん、うん・・・なんか足したいなぁというときに便利で、常備しておけば旨味アップの助っ人アイテム。(この前はお味噌汁に入れてみました)

 

こちらは携帯にも便利な、今で言う「小袋フーズ」。

f:id:iengmwk:20181211163421j:plain

パリッとした食感のミカンは摩訶不思議。

ミカン本来の甘さと酸味がちゃんと残っていて、小腹対策にもってこいの一品です。 そのままパリパリ食べても美味しいですし、私は炭酸水に入れて楽しんでおります。f:id:iengmwk:20181211163439j:plain

愛犬よ。

まだまだレイチェルは美味しくてカラダに優しい商品を発売してまいりますよ。