ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:www.mikadoya.jp

24年前の年賀状。

小学校からの親友、Yちゃんから送られてきた写メール。
「荷物整理しよったら、こんなん出てきたよ。なんも変わっとらんね〜。」


Yちゃん宛に出した24年前の年賀状。
一生懸命手書きでこしらえたのでしょう、
フローチャートでYちゃんの今年の運勢を占っているようです。

しかし、このフロー内容の稚拙さ(笑)
「家にみかんがある?」「虫歯がある?」「春より秋が好き?」
「ケシゴムのカスを食べられる?」「ジャッキー・チェンはバカ?」「●●はバカ?」
「家永くんは頭がとてもいい?」・・・などなど、
エス・ノーですら答えたくもない、しょ〜もない質問ばかりです。



「でも、小学生にしては字も上手やん」と妻は褒めてくれ、
「そうかな〜(笑)」と照れ笑いしながらじっくりと計算してみました。。。
24年前・・・・・・ん?


これは中学生やないか!?


中3やないか!!?受験前やないか!!


け、「ケシゴムのカスを食べられる?」って。。。


アホです。


この頃からアホです。


「勉強できない子」フルスロットルです。



                              • -

Yちゃんは私と違い、「とても勉強ができる子」で
現在は中学教師をやっております。
ですが、「いつの日か海外の日本人学校で教鞭をとりたい」という夢を叶えるため
数年前から試験を受けておりました。
その努力が実り、なんと今年4月より中国は青島(チンタオ)の日本語学校へ赴任となりました。
昨年会ったっきりお互いバタバタでなかなか会えなかったのですが、
なんかこの年賀状が最後の挨拶をしてくれたような気がするよ。。。とは言われてません(笑)
(勝手にそう思っときます)


明日、佐賀空港を発つYちゃん。頑張ってね!アンタならできる!!
旦那さまの夢についてきてくれる、奥さん、娘さんたちも本当にステキ。
今はインターネットがあるからいつでも連絡がとれるのでいいけど、
やはり顔合わせて酒飲むのが一番ですな。


以上、親友の夢と24年前の恥の話でございました。



ブルーハーツ / 1000のバイオリン