ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:design.mikadoya.jp

言霊娘。

おかげさまで結婚19周年を迎えることができました。
とりあえずここまでようやってこれたなぁと2人で顔を見合わせつつ、特に何もすることはない。。特別豪勢なものを食べるワケでもない。。いつも通りの一日。まぁこんなもんでしょう。

そんな感じでなんだかんだ来年は節目の20周年を迎えますが、最近一回目の節目10周年時のこんな出来事を思い出しました。

 


なにやるにしても「お金かかるからいつも通りでいいよ」が口癖の妻に、
「来年の10周年記念は盛大にやろうか?」と試しに聞いてみると、
「そうねぇ・・・。あっ!東京に行って、思い出の銀座あたりを歩こうか!」という予想外の返し。(ちなみに私が勤務していたデザイン会社は銀座にありました)
(・・・えっ?珍しい。。しかもえらいピンポイントで言ってくるなぁ笑)と、当時どんな案件でも受けれるだけ受け、日々余裕が無かった私は「・・・まぁ行ける状況だったらね笑」くらいに軽く流しておりました。 

2人してそんなやりとりも忘れていた一年後、ポストに入っていたのは妻がプライベートで応募していたポスターデザイン受賞のお知らせと表彰式のご招待。
よく見るとその式典の開催場所がなんと東京銀座、しかも日付は結婚記念日の11月23日。
一年365分の1の確率かつ、開催場所もピンポイント。
「ウソ〜!」と夫婦して鳥肌を抑えながら 、本当に結婚記念日を東京で迎えることになりました。
 

今の住居がまだ砂利の駐車場だった頃、ふと立ち止まり「私ここに住みそうな気がする」と言って私に失笑をもらった数週間後、「売土地」の看板が掲げられたかと思うと、様々なご縁で本当にそこに居住を構えることになったり、本当にこの人は不思議な人です。(飲み会で出会った易者の方が妻を見て「いた!」と言ったこともあります。)
 
 
さぁ、来年は記念すべき20周年目。
ウチの言霊娘が次はどんな予言をしてくれるのか楽しみです。


 

【 今日の1本 】 
すばらしき世界(2021年/126分/日本)

19年、本当に辛いことも楽しいこともたくさん経験してまいりましたが、なんだかんだ素晴らしい人生だったね、と縁側で言えたらいいなぁと思います。
(ちなみに西川美和作品全部好きですが、こちらはあの『ゆれる』を超えるほど「すばらしき」作品です)