ミカドヤな日常

アートディレクター/グラフィックデザイナーの夫とイラストレーターの妻の日常です。ミカドヤのHPはコチラ:www.mikadoya.jp

とり祥さま、業務用冊子。

はかた天神とり祥さまの業者用(BtoB)冊子のデザインをさせていただきました。

今年よりお取り扱い商品を山口県の長州地どりから、鹿児島県の黒さつま鶏へと更新され、新たな気持ちで販売をスタートされております。

f:id:iengmwk:20181128171217j:plain

f:id:iengmwk:20181128171220j:plain

f:id:iengmwk:20181128171223j:plain

今では福岡でも数店舗ほどになった朝引き鶏を丸ごと手で捌く貴重な技術を後生に残していくため、とり祥さんで捌かれる鶏の商品価値を新たにブランド化していくため、とり祥の『三つ丸印』というネーミングとブランドマークを提案。f:id:iengmwk:20181212083654j:plain「とり祥を支える屋台骨」の意味を込めて、シンボルを覆うマークを作成。職人の卓越した技術で、名もない若どりに地鶏や銘柄鶏に負けない鶏の称号を与えること。その思いから生まれました。

f:id:iengmwk:20181128171232j:plain

 

福岡には素敵なカメラマンがたくさんいらっしゃいますが、このM田さんもその中の一人。スムーズな進め方はもちろん、視点や構図のセンス、写真のトーンともに、私もファンでございます。

f:id:iengmwk:20181128172620j:plain

 

そのイメージカットとプラスで、今回はとり祥さんが扱われる商品をほぼ写真入りで紹介。欲しい部位や気になる部位など、業者の方にも一目で分かりやすい作りにしました。

f:id:iengmwk:20181128172826j:plain

f:id:iengmwk:20181210171903j:plain

約50商品のブツ撮り。

今回のターゲットは消費者ではなく、卸先などお取引先。見る角度も一般人とは違います。専門家、プロに向けた鶏肉の見せ方など、三代目直々にディレクションしていただきました。

f:id:iengmwk:20181210171908j:plain

(刷新したイメージ写真や商品ラインナップを使用し、ホームページもリニューアルする予定。)

 

 

おかげさまで黒さつま鶏も想像以上に絶好調とお聞きし、私たちも非常に嬉しく思います。

皆さま、御歳暮はもちろん、大切な方に博多の新鮮水炊きセットはいかがでしょうか?

 

株式会社 とり祥

福岡市中央区舞鶴1-9-7

TEL:092-781-1394

(2018年度の水たきセットのお歳暮ご予約受付は終了しております)